セブ島のオプショナルツアーは、セブ島在住の私たちにお任せ!

さあカワサンへ出発!

kawasan011.jpgさて今回の調査は、セブ最大の滝カワサンフォールです。
当社の新しいツアーの開拓という事で行ってまいりました。それだけではもったいないのでその周辺を同時に調査してきました。バディアンのゴルフリゾート
やモアルボアル周辺それからセブ島最南端まで車を走らせましたその為、朝の出発は6時前眠い目をこすりながら家を出るとまだお月様が出ておりました・・・
さぁ 出発です。

マクタンからセブ島へ出てセブ島中心部から南へ延びる道路へ普段は混む道路ですが、朝が早かったので渋滞に巻き込まれずによかったです。それでも、セブ島を抜ける頃には車が多くなりました。ノーヘルメットのバイクのお兄さんそんな所にいては危ないですよ。

そんなこんなでセブ島を南に走る事約45分今までずーと海沿いを走ってきたのですがこれからちょっと変化がカルカルという街からはセブ島の真ん中にある山脈?を横断する為に山道を走ります。写真右のような山深い道路を進むと下にあるお店が実はこのお店、セブ島では有名なお菓子チッチャロンが美味しいお店、ここで作ってセブ島中心部などで売っている程美味しいらしいのです。お土産にいかがですか?ちなみにチッチャロンとはブタの皮を揚げたお菓子です
.

そんなチッチャロンが食べたいと言う今回同行スタッフと一緒にポリポリ食べながら山道を走ると上の写真のような断崖が見えてきます。切り立った崖と崖に挟まれた谷間をのぞいてみると結構な怖さですビクビクしながら、カメラを手に撮って来た写真がこの上の写真です。 結構な高さで足がすくみます・・・
そして、その崖の上には上のような石碑がたってました実はこの場所、過去に悲しい出来事があった場所、内容についてはちょっと悲しくてここで御説明できません。気になる方は訳してみてください。

2時間半経過

その後も山道を右に揺られ左に揺られ走る事1時間、写真のように海が見えてきました。
生憎この日は天気が安定していなくてこの時は曇り・・・
いままで山道を走って来ていきなり見える海に感動するのですがやっぱり天気がいい方がいいですよね。でもセブ島・マクタンの海と比べて少し表情が違う気がします。残念ながらどう違うかを説明したいのですが私の平凡な文才ではちょっと・・・ごめんなさい・・・


上の写真(中)はモアルボアルの中心部のターミナル

そして家を出てから約2時間半はじめの目的地に到着しました。モアルボアルです。

ココでちょっとモアルボアルについて簡単に説明します。
セブ島西海岸真ん中よりちょっと南にある街です沖合いにはペスカドール島という有名なダイビングスポットがあることからダイビングの拠点として発展しました。 現在では30軒以上の宿泊施設10店以上のダイビングサービスが軒を並べるダイビングリゾートです。 正直セブ島やマクタン島のリゾートと比べると高級感にはかけますがのんびりとされる方にはいいのではないでしょうか?


僕たちはここで朝ごはん。フィリピンスタイルのトロトロで食べました。いくつものオナベにおかずが入っておりフタを空けて中を確認して、おかずを選びます。
この日は僕を含めたスタッフは6名みんなで食べて日本円で約600円ひとり100円くらいでした。ボラボラと呼ばれる肉団子??は美味しかったですよ。

バディアンリゾート

モアルボアルを出てから少し車を走らせると第2目的地に着きました。 バディアンです。 ココはゴルフ場も併設するゴルフビーチリゾートです。上の写真はゴフル場の写真です、緑豊かなゴルフ場でとっても素敵そして何より目を奪われたのがリゾート裏手に広がる海! タイミングが良くバディアンに着いた時は晴れてました。 右上の写真と右の写真を見てくださいすばらしさが伝わると思います。 南国でゆっくりゴルフをしながら海を見て過ごしたい方には最高なのではないでしょうか?ホテルの部屋も大きめに作ってあるので団体で来てゴルフ合宿なんてのもいいのではないでしょうか?ただ・・・周りに何もありません・・・それがいいのですがね!


さてバディアンのゴルフリゾートの写真をもう少しお楽しみ下さい。 綺麗なお花が皆様を南国気分に浸らせてくれます。お部屋のベットの写真とリビングから見えるプールとその奥に広がる海の写真です。バディアンリゾート・ゴルフへ興味をもたれた方はお問合せ下さい。 御説明致します。

>>お問合せはこちらから。

いざカワサンフォールへ

このままバディアンでゆっくりしていたかったのですがそうはいけませんので今回の最大の目的であるカワサンフォールへ バディアンからは車で10分程度。入り口は見逃してしまいそうな公園の入り口、そこから歩いて滝を見に行くわけです。意気揚々と歩き始める当社男性スタッフと入り口の写真(左)少し歩くとブタちゃんがおしりを向けて歓迎?してくれました。 ここから約20分のトレッキングツアーです。写真右の道を進みます。舗装はされておりませんが割りとへいたんな道が続きますので山の緑や川のせせらぎを聞きながら、まだ見ぬ滝に胸を膨らませてください。

こんな素敵な川沿いを歩きます。一見、日本の川のようですよね。さらさらと流れる川のせせらぎや新緑のシャワーを浴びながら歩くトレッキングツアー。さぁ まだ見ぬ滝はいずこに!でも、やっぱりちょっと違うのは・・・川沿いに立ち並ぶココ椰子の林です。これは日本にはありませんよね。

セブ最大の滝「カワサンフォール」

kawasan291.jpg
そしてやっと着きました。セブ島最大の滝カワサンフォールです。大きさはさほど大きくありませんでしたが、特筆すべきはみずの色です。今まで見たこと無いような色の水を湛える滝つぼに目を奪われました。そしてここは泳げるんです。
イカダをチャーターして滝の近くに行く事も出来ます。この日も何人かの観光客が遊びに来ており泳いでおりました。とても素敵なカワサンフォール。これを当社ツアーに取り入れなくてはいけません。滝を見るだけでは無く、川沿いのトレッキングは一度体感するべきですね。・・・・



と、ここで終わればよかったのですが・・・・
ここで終わらないのが当社調査団!!! 隊長はもちろん僕!

さぁ行きましょうカワサンフォールツアー第2部

カワサンフォールツアー第2部

kawasan302.jpg
実はこのカワサンフォールの奥にも大小さまざまな滝があるんです。 ただ、そこまで行くにはさまざまな障害が待ち構えていると言う訳です。カワサンフォールまでのトレッキングはハミングしながらでも歩いていけましたがここからはそうは行きません、行きません・・・

さぁがんばって行きましょう!と心に決めて次なる滝に向けて出発!

             はうっ!?

なんじゃこりゃ? いきなり目の前に現れた坂・・・いや坂というより崖? 先が思いやられます・・・やめようかなぁ。。。いくのやめようかなぁ。。。

ダメだ行かなくちゃダメだそう心に決めて出発!さぁ 行くぞ! まだ見ぬ滝達に会いに行くぞ!

この崖を登り先に進む途中に見れるのが写真左の滝です。
ちょっと写真ではわかりづらいのですがまるで、滑り台のようです。石造りの滑り台を水たちが楽しそうに滑っています。だから勝手に命名「スベリダイ滝」
そしてまだまだ進みます。確かに道は始めの滝までの道に比べれば大変は大変でしたが、はじめの坂を登りきっちゃえばあとはそれ程きつくありませんでした。
そして見えてきた次の滝(写真中)。この滝は結構面白かったですよ。
よく見て下さい。この滝、人が頭からシャワーを浴びているように見えませんか?滝が流れる下の岩をよく見て下さい。人が下を向いているように見えませんか?ちょっと出ている所がちょうど鼻だと思ってください。見えました? だからまたまた勝手に命名「髪の毛洗ってる滝」

メ・ル・ヘ・ン

第1滝ポイントから苦労しながら歩く事15分いきなり目の前に現われた、メルヘンの世界さすがに目をこすりながら、疑いました。
例えるなら小人の世界・・・妖精達の隠れ家・・・なんてちょっと恥ずかしい気もしますが、それでもそれだけの表現に負けないくらい不思議は光景でした。

これは見た方がいいですよ!なんだかアニメの世界に迷い込んだ感じがしますよ
第2滝ポイント滝つぼの周りに写真のようなかわいい建物が立ち並ぶ素敵な所ですね。滝つぼの周りには小さな滝が2つありました。


kawasan371.jpg

この左の写真がこのメルヘン世界を上から撮った写真です。
「え? 上? 上って言いました?」
って突っ込まれたあなた!はい・・・まだまだございます・・・

最終ポイント、第3の滝

kawasan361.jpg
第2滝ポイントからのスタートはこんな坂からスタートです。意気揚々と登る当社スタッフですが、実はこの時点で僕は少々お疲れ気味。実はここまでだと思っていましたから・・・
でも、負けません当社調査団。隊長は僕! 

行きますよ 行きます
ここまで来れば、最後まで行こうじゃありませんか!

そして僕はこの時点で決めました。

帰りの事を考えるのはやめよう。。。と。。。

第2滝ポイントから第3ポイントまでの道はこれも結構厳しいものでした。
竹の橋を渡ったり、川を横断したりと・・・言い訳では御座いませんが忘れていました、ここまでの道すがらの写真を撮る事を・・・・調査団隊長とした事が・・・面目ないでございます。



そして到着 第2滝ポイントから歩く事15分最終滝ポイントへ到着です。はい、勘のいいかたはお解かりでしょう。ここが最終目的地です。大きな滝こそはありませんが、川が少しせき止められておりちょっとした湖のようになっておりました。写真ではうまく伝わらないと思いますが。ここでも特質すべきは水の色です。第1第2ポイントとも違う今まで見たことの無い色。不思議な色 見ている僕は自然とその色に吸い込まれそうになりました。いや吸い込まれていたのでしょう。

そして、この川のお水が飲めるそうなんです。体にもいいとの事で、ここまで先導役をやってきた当社スタッフ、ドドンがおもむろに空のボトルを取り出し水を満たし、そして ゴクゴクと飲み始めました。

とても美味しそうだったので、僕もちょっと飲みました

その水は冷たく 爽やかな味がしました。そして、顔を洗うといままでの苦労がふっとんでしまいました! 是非ここまで来て顔を洗ってください。
最高のリフレッシュになる事間違いなし!

ちょっと生水が・・・っという方にはこちら!ココナッツです。川沿いに建っている茶屋で飲めます。

ここまで歩く事約1時間 汗まみれになりながらも、素敵な景色が僕らを迎えてくれました。

大小さまざまな滝を見て!南国の大自然中をジャングルトレッキング。そして爽やかに滝壺でスイミング!

道中はセブの街中にローカルを感じながらのドライブ、こんな素敵なカワサンフォールツアー是非、皆様御参加下さい!!!

セブ島最新情報はここから駐在員のセブ紹介ブログ

セブの海
現地から発信するセブ島最新情報。
みなさまの旅行をより一層素晴らしいものにするために、日夜を問わず西へ、東へ、上空へ、海中へ、さらなるセブ島の開拓に励んでいます。

デジカメ片手に今日も体を張って突撃調査に行ってきマス。

LinkIconセブ島紹介ブログ

サービス

当社がお約束する7つの安心。

@常にお客さまのコンディションに合わせて。安全を第一に考えます。

Aお客さまの予算に応じてツアーをアレンジいたします。

B日本人が常駐しています。安心、安全です。

C現地からお客さまに直接ご連絡できるので反応が迅速、確実です。

D現地のオプショナルツアーだけでもうけたまわります。

Eわがままききます!その他のアクティビティーもご紹介できます。

Fお会計は現地にて。円、ペソ、ドル、どれでもお支払いいただけます

maeno.gif

前野 義君(よしきみ)です。
よろしくお願いします。

住所
Sitio Ka Maria Mactan Lapu-lapu City Cebu PHILIPPINES.

TEL/FAX 63(32)505-2882
モバイル 63(917)624-8877

見どころ満載のセブ島。私たちはツボを押さえていいトコどりで遊びたい人の味方です。ひとりでも多くの セブ島ファン を増やすべくガンバってます!!